ミッショントラブルで廃車

私の友人が車を処分したいと話していたので、車がどのような状況なのが見たくなったので、その車で来てもらったのです。車は人気のあるワゴン車ではあるのですが、すでに10年以上が経過している車でした。

中古車店に並んでいてもおかしくないような外観なのですが、どうもミッションのトラブルが何度も続いているようで、本の半年前ほどに修理をしたのに、またミッションが切り替わらないようなトラブルが発生しているとのこと。

今のところはどうにか普通に使える状態になっているようですが、これが一旦動かなくなると、近くの自動車整備工場までも動かせない状態になるとのこと。

バンパーやボディーなども傷がほとんどないので、古い車であっても修理をすればまだ使えそうな状況でした。しかし本人からすると、何度もミッションや電気系統でのトラブルに見舞われて、修理に出す頻度が多くなってきたので、使う予定はないとのことでした。

私が譲り受けて使う考え方もあったのですが、どうも修理の頻度と費用がかさんでしまう状況と、車を下からチェックすると錆が酷いので、劣化しているパーツが大量にあるようです。

なので、鉄くずを主に取り扱っている工場を教えてあげました。その廃車買い取りの会社は、車の程度にかかわらず鉄くずの量で換算して車の廃車手続きの際にいくらかの料金が頂けるのです。

ただ、たいした金額ではないので手間のかからない地元の廃車専門店があれば、手軽な方を選んだ方が良いのです。廃車の際には手数料がかからない事だけを優先すべきだと思います。

This entry was posted by admin, on at and is filed under 廃車の話. Comments are currently closed.